efoでフォーム入力を最適化するメリットとデメリット

パソコン1

ウェブショッピングでの購入手続きや、製品登録時の情報入力など、ウェブサイト上のフォームにユーザーが入力を行う機会は多くあります。しかしフォームの最後まで入力を終えるユーザーはかなり少ないことが調査で分かっています。

そこで入力フォームを最適化することで、ユーザーの離脱を減らす方法がefoと呼ばれるものです。詳細>フォーム最適化 - f-tra

ここではefoの内容とそれを行うメリットとデメリットについて解説します。

efoの最適化とは?問い合わせを増やすサイトの作り方

そもそもefoとは何か

冒頭でも少し触れましたが、efoとはEntry Form Optimizationの略で、入力フォームの最適化を意味します。例えばメルマガの登録で、メールアドレス以外にも住所や氏名など個人情報を多く求められたらどう思うでしょうか。

恐らく多くの人が不要な情報を求められていると感じ、入力の途中で離脱してしまうでしょう。こういった事態を避けるための対策がefoです。また最近はフォーム入力時に間違った入力を行うと自動で訂正を行ってくれるサイトがありますよね。

あれもefoの1つで、ユーザーに極力フラストレーションを溜めさせないようにしている訳です。efoを実施するかしないかでユーザーの離脱率が大きく違うため、ウェブマーケティングにおいても注目を集めています。

あるマーケティング会社の調査によると、efoを実施していないECサイトの入力フォームでのユーザー離脱率は70%を越えています。これはつまり70%以上の本来顧客となる見込みだったユーザーを逃したということです。

もちろんefoを導入したからといって、離脱率が0%になることはありません。しかし入力フォームの改善によって離脱率を下げられれば、売上や会員数の上昇が見込めます。スマートフォンの普及もあって、ユーザーに負担を掛けない入力フォームは今後ますます必要となると言われており、efoの有無が集客や成約に与える影響は看過できない状況になっています。

efoの基礎知識と改善するときのポイント

efoは具体的に何をするのか

ではefoとは具体的にどういったことを行うのでしょうか。これは実際にefoツールを導入しているサイトを利用してみるのが、一番分かりやすいでしょう。例えば郵便番号と住所の入力フォームを見てみましょう。最近では郵便番号を入力したり、逆に住所を入力するともう片方の入力が自動で行われることがありますよね。

あれもefoツールを使って実現しているサイトが多く存在します。人間が知らない郵便番号を見て住所を当てるのは困難ですが、efoツールならばデータベースから該当する住所を取得してくるから入力補完ができる訳です。

もう1つの例を見てみましょう。私達の持つクレジットカードの番号は14桁から16桁の数字が多いですよね。これを入力フォームに打ち込むとき、efoをしているサイトだと数字を4桁ごとなどいくつか打ち込むたびに、自動で次のフォームに移動をしてくれます。

わざわざユーザーが次のフォームに移動する操作をしなくて済むので便利ですよね。efoは必ずしもツールを導入しなくても実施できます。入力フォームを減らすとか、プルダウンメニューの内容を簡素化して分かりやすくするとかもefoの一環です。

数字入力の際に半角と全角の両方に対応して、全角入力の場合は半角に自動修正するのも定番のefoです。さらにefoツールを導入すれば、入力を促すナビゲーションを表示するなどより高度な入力フォームの最適化も可能です。

人気のefoツールを比較してみた

efoを実施するメリットとは

実際にefoを実施した場合、どういったメリットがあるのでしょうか。ユーザー側の目線でのメリットは、入力がスムーズになり余計な手間を減らせることです。ショッピングサイトを利用するときなど、入力フォームであれこれ時間を費やすことは誰しも避けたいですよね。

ユーザーにスムーズなサービスを提供してくれるサイトは、再び利用したいと考える人も多いのではないでしょうか。運営者側にもメリットが複数あります。まず先にも挙げたようにユーザーの離脱率の減少が望めます。またログの解析ができるのも大きなメリットです。

efoツールの多くには、ユーザーが入力フォームページで取った行動を記録するログ機能が備わっています。このログを分析することで、各入力項目のどこでユーザーが一番離脱をしているか、どの項目で入力に時間が掛かっているかなどが分かるので、より最適化された入力フォームを提供する上で有力な情報を得られます。

さらに最適化された入力フォームはそのサイト全体のイメージを向上させます。efoがされておらず使いにくいサイトだと判断されると、入力フォームページだけでなく他のページの滞在時間が下がるなどの悪影響があるとの分析結果も出ています。

efoにはデメリットもある

パソコン3

ユーザー、運営者の両方にefoはメリットがある一方、デメリットもあるので気をつけておきましょう。例えばその1つが不適切な最適化が行われた場合です。本来必要とする情報の入力を省略すれば、サービスやモノを提供する上で支障が出てしまいます。

メールアドレスサジェスト機能のように入力補完をしてくれるefoも定番ですが、これも補完する情報が誤っているとユーザーの混乱を招きかねません。またefoに意識が行き過ぎて、システムの脆弱性を作ってしまうといったリスクも注意が必要です。

利便性の高いefoとして、他のサイトのユーザーアカウントの情報をそのまま入力フォームに適用できる機能があります。GoogleやFacebookのアカウントアイコンをクリックすれば、そのまま自動で各項目にアカウント情報と同じ情報が入力される仕組みです。

これも扱いを間違えれば、個人情報の流出などのセキュリティリスクを抱えてしまいます。また外部のefoツールを導入する場合はその分のコストが掛かりますから、費用対効果も意識しておく必要があります。効果で得られる利益よりも、導入やランニングコストの方が掛かってしまったといった失敗は避けたいですよね。

注目が集まっているefoはどのような仕組みなのか

専門家のアドバイスの元efoで実施をする

ここまで挙げてきたように、efoはユーザーの入力フォームに対するフラストレーションを抑え、離脱率を下げる上で大きな効果が期待できます。しかし一方で不適切なefoはその効果を下げるだけでなく、セキュリティリスクを生じさせるなどの問題もはらむため、できれば専門家のアドバイスの元にefoを実施するのが理想です。

ウェブの利用形態が広がる中、様々なデバイスでのアクセスが増えていることもあり、マルチプラットフォーム対応のefoがこれからのサイト運営者には求められます。